2017年11月18日土曜日

後遺症

10月1日 北アルプス縦走から戻ってきて4日後くらいに、左の肩に違和感が。
「疲れでも出たかな」と、温泉に行ったり、ストレッチをするがなかなか痛みが治まらない。

翌週の御嶽では、違和感はあったものの特に問題なく登山できましたが、さらに翌週には痛みが強くなってきました。

山登りの最中にぶつけた覚えは無いし、疲れがあるようには思えない。

接骨院や整体を転々とし、整形外科で苦手なMRI検査も受けるが当然骨にもどこにも異常なし。

翌月11月12日にいびがわマラソンに出場するも、左腕が思うように振れない。走ることはできるけど、段々と腕に鈍い痛みが蓄積されていく感じ。5分走っては、左腕を上にあげないと痛みを覚えるほどに。ただでさえ練習不足もあり、さらに20kmを過ぎたあたりの日影がめちゃくちゃ寒く、体温がどんどん失われていくのも分かりました。
32km付近でまさかのリタイア。DNSはウルトラで経験がありますが、DNFは初めて。バスに乗るのも初めて。バスの中では吐きそうになりました。バスでゴールまで運ばれ、周りのランナーはすでに完走して首からは完走メダルが。手にはオニギリや記念タオルが。

「そうか、当たり前だけどリタイアするってことはメダルとか貰えない訳ね」

余りにも悔しくて、吐き気もするし

荷物を受け取ったら逃げるように会場を後にしました。

1ヶ月半が経過しました。左肩と左上腕の痛みはかなり辛いものになってきました。せめて原因が分かっていればまだ納得も出来るのですが、それすら分からない上に痛みが余りにも長過ぎる。
わらをもすがる気持ちで以前お世話になった鍼灸院へ。

2回の施術でかなり楽にしてもらえました。本当に感謝。本当に助かりました。上着ひとつまともに着れない状態でしたから。

おそらく原因は、夏からの登山などの疲れが蓄積し、北アルプス縦走の際のザックが肩周辺を圧迫し、痛みが起きたとか。背中や首のコリからも来ているようです。

46歳。マラソンや登山、趣味を楽しむのは良いですが、身体をメンテナンスしながら続けていかねばならない年齢になってきたようです。脚のケガも何度もやっていますが、肩から腕にかけては初めてでした。

ま、こういうケガを乗り越えて強くなっていくのですが・・・・

羽生結弦選手が、まだ若いのにしっかりとしたことをインタビューで言っていて、それを偶然にも病院の待合室で見ました。

羽生選手も転倒により大怪我をしてしまったのですが

「こういったケガをすることによって、健康で滑れることのありがたみが分かります」と。

「この子、強いな」と、しみじみ思いました。私も彼を見習ってケガを乗り越えてもっともっと強くなりたいです。







0 件のコメント:

コメントを投稿