2018年2月17日土曜日

感謝の金メダル

2018年2月
韓国のピョンチャンで開かれている冬期オリンピック

今日先ほど、フィギュアスケート男子の競技2日目が行われ、羽生結弦選手が見事金メダルに輝きました。

その瞬間をテレビで見ることが出来て
私はもう涙が止まりませんでした。

可愛らしい、若干23歳の、くまのプーさんが好きな男の子。

けど、その精神力の強さは、倍の年齢の私からしても尊敬に値します。

というのは、昨年11月に靭帯を損傷する大ケガをしたときのインタビューを、折しも私も自分のケガの治療に通っていた整形外科の待合室で見かけました。

羽生選手は
「こういったケガをすることで、健康で滑れることのありがたみが理解出来ました」とインタビューに答えていました。

この子(と言ってしまうと失礼ですが、親しみを込めて)は本当に強く、そして何より
「感謝が出来る子」だなと。この謙虚さと、感謝の気持ちと、そして強靭な精神力が、彼を金メダルへと導いたのだと実感しました。

ケガのせいで、約2か月間、リンクにすら上がれなかったとの話です。前回ソチで王者になっているのだから、世間の期待値もハンパなかったはずです。ピョンチャン入りしてからも、練習では4回転は飛んでなかったとの話です。ケガの苦しみは、私自身、今現在も痛みに苦しんでいるので良く分かります。(羽生選手と比べるのは余りにもおこがましいですが 苦笑)

私自身も、何度もケガに苦しみました。前々回、2年前のウルトラ100kmは左ひざのケガで出場出来ませんでした。前回のウルトラの前にも左ふくらはぎをケガしてしまい、それでも何とか100kmを完走でき、あの苦しみを克服できたことは、自分自身への大きな自信につながりました。

私がウルトラに挑戦しようが、ケガをしようが、マスコミどころか、知り合いだって心配してくれる訳でもなく、家族がようやく「出場して大丈夫?」と言ってくれました。ところが羽生選手は世界中から期待されるわけです。その重圧はいったいどれほどのものだったのか、想像を絶します。

その期待にこたえ、ショートプログラムとフリーの2日間であれだけの完成度を持ってくる精神力の強さ。金メダルが確定したときは、もうまるで自分のことのように涙が溢れてきました。

嬉しかったです。本当におめでとう。本当にお疲れ様でした。

羽生君は(親しみを込めて)滑り終えた後や、表彰される前に必ず
「ありがとうございます」とつぶやいているのがハッキリ見てとれます。
この彼の、あらゆる人への感謝の気持ちが、私の心を強く強く揺さぶってくるのです。
想像を絶する辛い経験をして、それを乗り越えた彼だからこそ、それをあの笑顔で言えるのです。
そんな彼だからこそ、多くのファンが世界中に存在するのでしょう。

余りの感動に、どこかでこの気持ちを表現したくなり、一気にこの記事を書きあげました。将来の自分が読み返しても何か得るものがあるかもしれませんので。

羽生結弦選手、本当におめでとう。
そして、最高の感動を見せてくれて本当にありがとう。





2018年2月7日水曜日

愛車

頑張って買ったペイローダーが好き過ぎて困る。


 
かっこイイ。
 
ぼろぼろの乗用車をベンツやレクサスに替えてもここまで感動しないのではないかと思える。(そもそもベンツ買えんけど)
 

 
導入にはずいぶんと迷ったけど。
 
今は大活躍
 
だけど・・・・
 
春から秋までは、邪魔な存在でしかないから(涙)何より保管に困る。
 

 
にもかかわらず、新車で買ってしまった。
 
けど、値落ちしないのも魅力。
大事に使えば、20年後でも高値で売れる、はず。
 
その頃、地球温暖化が進み、飛騨地域に雪が降らなくなったらどうしよう、とかしょうもないことも少しは考えたけど・・・・
 

 
ネットでステッカーを買って、自分で貼ってみた。
これがまた、めちゃくちゃかっこイイ。
KOMATSUのロゴにも合う色目。
 

 
男のロマンです。うちの女子スタッフに「かっこイイですね」と言われたことはまるで無い。
子ども(小学生低学年の男児くらいまで)には受けている。
車体の黄色がまたかっこイイ。

 
けどね、あいにく今年は例年ほどは降らないんだよね(汗)
 
福井や金沢は現在とんでもないことになってますが。
特に、福井は積雪が130㎝を越え、昭和56豪雪並みだとか。
なのに、豪雪地帯のはずの飛騨はせいぜい15㎝くらい。
 

 
コマツの方が
「買ったら降らないですよー」(笑)と冗談で言ってたが
当たってしまったか。
 

 
初めて乗ったときは、かなりヤバいと思いました。
こんなの運転できるか、と。
バケットの角度、難し過ぎる。
鋭角過ぎるとアスファルトにがががと当たってしまうし
逆に、角度が緩すぎると、後ろを振り返ると全然かけてない。
 

 
妻に盗撮された。
向かいの駐車場の方の除雪がめちゃくちゃ上手でガン見してる私。
まるで手足かのようにバケットが動く。
 
あの域に達するまでは、まだまだ時間がかかりそうです。
 
行けるものなら福井の方々を助けに行きたい。
けど、時速15km。
公道を走るのが何より大変なんです。
 
 
 
 
 

2018年1月14日日曜日

2018年のスタート!!


2018年が始まりました!!
どんな1年になるのでしょうか?わくわくしています。

さて、しばらくブログが途絶えていました。(大汗)

実は、こっちをやめていた間、インスタやFACEBOOKをやっていました!!

FACEBOOKはやっぱり良く分からないですが、インスタはすごく簡単に出来るので便利ですね。人気がある理由が少しだけ分かりました。

けど、どちらも続けることできるか、私はあんまり自信ないです(汗)



さて、空の色ではスタッフを募集しています。





「花屋」になるって、特に未経験の方には敷居が高い、あるいは未知過ぎて分からない、かもしれませんが「思ったより花屋の仕事って楽しい!!」そう思ってくれる方も少なくありません。
また、市場に行けば分かりますが、思ったより男性が多い職種でもあるのです。

男性女性問わず、もし興味のある方は、お気軽にお問い合わせください


古都飛騨高山の路地裏の花屋
フラワー空の色
 (㈱花の店岩田)
担当 原

TEL 0577-32-2422
MAIL info@sora-no-iro.net

2017年11月18日土曜日

後遺症

10月1日 北アルプス縦走から戻ってきて4日後くらいに、左の肩に違和感が。
「疲れでも出たかな」と、温泉に行ったり、ストレッチをするがなかなか痛みが治まらない。

翌週の御嶽では、違和感はあったものの特に問題なく登山できましたが、さらに翌週には痛みが強くなってきました。

山登りの最中にぶつけた覚えは無いし、疲れがあるようには思えない。

接骨院や整体を転々とし、整形外科で苦手なMRI検査も受けるが当然骨にもどこにも異常なし。

翌月11月12日にいびがわマラソンに出場するも、左腕が思うように振れない。走ることはできるけど、段々と腕に鈍い痛みが蓄積されていく感じ。5分走っては、左腕を上にあげないと痛みを覚えるほどに。ただでさえ練習不足もあり、さらに20kmを過ぎたあたりの日影がめちゃくちゃ寒く、体温がどんどん失われていくのも分かりました。
32km付近でまさかのリタイア。DNSはウルトラで経験がありますが、DNFは初めて。バスに乗るのも初めて。バスの中では吐きそうになりました。バスでゴールまで運ばれ、周りのランナーはすでに完走して首からは完走メダルが。手にはオニギリや記念タオルが。

「そうか、当たり前だけどリタイアするってことはメダルとか貰えない訳ね」

余りにも悔しくて、吐き気もするし

荷物を受け取ったら逃げるように会場を後にしました。

1ヶ月半が経過しました。左肩と左上腕の痛みはかなり辛いものになってきました。せめて原因が分かっていればまだ納得も出来るのですが、それすら分からない上に痛みが余りにも長過ぎる。
わらをもすがる気持ちで以前お世話になった鍼灸院へ。

2回の施術でかなり楽にしてもらえました。本当に感謝。本当に助かりました。上着ひとつまともに着れない状態でしたから。

おそらく原因は、夏からの登山などの疲れが蓄積し、北アルプス縦走の際のザックが肩周辺を圧迫し、痛みが起きたとか。背中や首のコリからも来ているようです。

46歳。マラソンや登山、趣味を楽しむのは良いですが、身体をメンテナンスしながら続けていかねばならない年齢になってきたようです。脚のケガも何度もやっていますが、肩から腕にかけては初めてでした。

ま、こういうケガを乗り越えて強くなっていくのですが・・・・

羽生結弦選手が、まだ若いのにしっかりとしたことをインタビューで言っていて、それを偶然にも病院の待合室で見ました。

羽生選手も転倒により大怪我をしてしまったのですが

「こういったケガをすることによって、健康で滑れることのありがたみが分かります」と。

「この子、強いな」と、しみじみ思いました。私も彼を見習ってケガを乗り越えてもっともっと強くなりたいです。







2017年10月9日月曜日

御嶽登山

北アルプス、双六方面から奥地を縦走してきた2日間は、さすがにお腹いっぱい満足できました。小屋泊で知り合った他の登山客は、縦走4日目とか5日目とかのスゴイ方々が居ましたが、私は今のところは1泊2日で充分かな、と思いました。その範囲で行ける山を目指したいです。

お腹いっぱいのはずでしたが、シーズンの終わりをひしひしと感じ、翌週の晴天予想にこれを逃したらもう行けないだろうと、近場で計画しました。

御嶽山(標高3,067m)です。

御嶽は何といっても3年前の噴火が記憶に新しく、多くの犠牲者を出してしまったので脚を向ける気がしませんでしたが、KONGさんやジークの北條さんにも勧められ、行ってみることにしました。

10月9日(月・祝日) AM4時自宅出発 濁河温泉登山口を目指します。

飛騨小坂方面から441号で向かったのですが、これがハンパなく遠い。後から聞いたら高根方面からチャオ経由で向かった方が良かったみたい。あまりにも遠くて参りました。

1時間半くらいで着くかと思いきや、2時間近くかかりました。




けっこう車が停まっていました。祝日ということもあり、登山客は多かったです。車から降りると余りの寒さに驚きました。標高1,780mもある登山口なので気温はかなり低めでした。



AM6時 登山開始。コースタイムは、飛騨頂上の五の池小屋まで3時間半です。




吊り橋を渡り、登山道スタート



ジョーズ岩



湯の花峠



のぞき岩



8合目



北條さんのアドバイスにもありましたが、確かにぬかるみが多く少々歩きにくい登山道です。



どうも風が強く、寒いです。



陽が出てきた。



AM8時、五の池小屋到着。やっぱり近いですね。
標高2,800mです



五の池小屋はこじんまりとした、かなりオシャレな山小屋でした。山小屋というよりはペンションといった感じです。



山小屋の方に声をかけます。

「あの、私、高山の〇〇という者で・・・・」

実は、ジークの北條さんに、明日御嶽山に登る予定と伝えたら、お菓子の材料を五の池小屋まで運んでほしいと頼まれました。そりゃ北條アニキの頼みは断われません(笑)ところがそれが結構重たく、3kgほどずっしりと(汗)なかなかいいトレーニングになりました。

そのことを小屋の方に告げたら、めちゃくちゃ喜ばれ、コーヒーまでご馳走になってしまいました。材料が足りなくて困っていたそうです。頑張って持ってきて良かった。



さて、隣にそびえる摩利支天山や池巡りを楽しみにしていたのですが・・・

強風がハンパない。

 
隣の三ノ池が綺麗で、行きたいのはやまやまですが、この強風ではちょっと。
 

 
しかも次から次へと分厚い雲があがってきます。
小屋の方が言うには「悪い雲」だそうです。
 
 
悪い雲(動画)
 
1時間以上、待機して待っていましたが、私は諦めて下山することにしました。あの強風の中、池巡りをしても楽しめそうになかったからです。他の登山客の方は、けっこう皆向かっていましたが。
 
また来ればいいんです。
 

 
午前中のうちに下山しちゃいました。
 
 

 
せめて秘湯、濁河温泉くらいは楽しんでいこう。
公衆浴場。
 

 
この先の露店風呂の紅葉が実に見事だったのですが、他のお客が居たので写真は撮れず。
 
 

 
その後、御嶽山を見れるところでお昼ご飯。
今さっきまで居た山を眺めながら食べるご飯は、これはこれで美味しい。

 
 
またリベンジしよう。
 
やっぱり山は最高です!!