2017年6月18日日曜日

飛騨高山ウルトラマラソン第三関門 丹生川支所まで

長かった登りが終わりました。
コース最高地点1,345mから一気に下って行きます。

この最初の下りの勾配がヤバい。
やっと下りになったこともあり、皆けっこうなスピードで下っていきますが、私はここもかなり抑えました。というのは、以前せせらぎ街道70km走をやったとき、下りで膝をケガした経験があるから。

勢いに任せて走ると、膝に負担がかかります。
赤木さんのアドバイス通り、とにかく前半は抑えに抑えよう。

かなりの数のランナーに再び抜かされましたが、気にせず自分のペースを維持。

 
たぶん他のランナーはkm6分台ですが、私はここでもkm7分台。勾配が緩やかになりだした42km過ぎからは6分台に上げました。フルマラソンの42kmを越えた!!それでもまだ半分まで来てませんが・・・・・



 
いい景色です。
 
補給についてですが、朝日村から10kmごとにアミノ酸系を補給。
塩タブレットもなめました。
食事はエイドごとに少しずつ食べるだけで持ってきた補給食は必要ありませんでした。
 
装備に◎してある、日よけ付きのキャップは本当に助かりました。
日よけ部分が汗を吸収し、首の後ろをヒンヤリと冷やしてくれるんです。
これは買って大正解だったと走りながら何度も思いました。
 
第10エイド、岩滝公民館(49.5km)
確かここでアイスクリームが。ピノだったような。
美味かった!!
この頃から給水は2杯以上に増えました。
その都度新しいカップを使っていては勿体無いので、ボランティアスタッフの方に空のカップにお代わりをもらいます。
 
あ、またもナカさん一家の応援が。
嬉しいなぁ。ぐっさんの応援にあやからせてもらい、めちゃくちゃ元気をもらいました。
(後日、写真までいただき、ありがとうございました!!)
応援って本当に嬉しい。
 
 
 
半分来た!!!!
AM11時15分
タイム 6時間15分
 
スキー場から下りてくると、標高も下がるので暑さを感じると説明会で言われましたが、まったくその通りでした。かなりキツクなってきました。涼しいトンネル内にとどまっていたくてトンネル内は歩いてしまいました。
 
ところが、この暑さですら序の口だったことに後ほど気付かされます。
 
 
国道に出ると、丹生川支所までの距離感がつかめたので、元気が出てきました。
ペースが上がりました。6分12秒!!

あと少しで丹生川支所だ!!!

ここまでは来たかった!!!


丹生川支所到着!!!
57.2km地点
(支所の写真無い・・・・・・)
確か12時くらいだったような気がします。
(関門閉鎖は13時)

頭から水をかぶりました。めちゃくちゃ気持ち良かった!!


 
これ以降、全てのエイドで水をかぶりました。
 
このかぶり水にはどれだけ助けられたことか、分かりません。
 
 
 



 

2017年6月17日土曜日

飛騨高山ウルトラマラソン第二関門 飛騨高山スキー場まで

 
朝日村での冷たい蕎麦がめちゃくちゃ美味かった!!
座って休んでいる方もちらほらいましたが、先を急ぎます。


 
カクレハ方面へ左折したら、登り坂が始まりました。
最初は緩やかな登りですが、長いです(汗)
 
1人、私と同じくらいのペースの方がいたので、すぐ後ろに付いて引っ張ってもらいました。
ぼちぼちスピードが落ちている方も。
ここまでは抜かされることばかりでしたが、少しずつ追い抜くことが出てきました。
 
上青屋公民館(25.2km)で給水し、カクレハキャンプ場へ到着。(29.5km)
あれ、意外と近いな、という印象でした。
確かここでも蕎麦だったかを食べました。
 
その後は、恐れていた激坂が延々と続きます。
もちろん激坂は歩きます。
私の周辺はほとんどの方が歩いていました。
 


 
31kmのラップ 11分7秒
32kmのラップ 10分14秒
33kmのラップ 10分19秒
何とかkm10分台になるように早歩きで。
 
その後下りにもなりますが、そこも長かった!!
カクレハ→スキー場の10kmはキツイ!!
 

 
着いたー!!!!
スキー場まで来れた!!!
39.2km地点です。


 
ちょうど5時間
奇跡的にふくらはぎの痛みが出ませんでした。
本当に不思議です。
けど、この時ですら「完走」は全くイメージしていませんでした。
この時は、とにかく丹生川支所までは何とか行こう、そう思っていました。
 


 
ここもサッと休憩しただけで出発します。


 
40kmの計測を越えます。
家族、速報見てくれているかな。
 
40km越えれたよ!!
 
この後からはいよいよ下りが始まります。
 
 


2017年6月16日金曜日

飛騨高山ウルトラマラソン第一関門 道の駅朝日村まで

最初の最初、スタート直後の登り坂(高山ウルトラではこの程度の坂は坂とは言わないらしいですが)ですら、痛みが出ないか心配するほどでした。
 
 
 
 
通行止めにしてくれている41号を越え、スタバを越えて、ガード下をくぐります。
私のゆっくりペースだと何人ものランナーに抜かされました。
やはり、序盤は気持ちがハイになるのでペースの速いランナーが多いです。
 
 


 
確か、国分寺通りまで家族が応援に来てくれているはず。
 
いた!!
 
妻と長男、次女の声援を受けます。
向かいのおばちゃんや自転車屋の原さんまで。
やっぱり嬉しいですね。
 
あれ?長女を見なかったな~後で聞いたら起きれなかったらしい(苦笑)
 
本町を北上し、弥生橋を越えたら、右折。
 
いよいよ古い街並みに。
多くのランナーが写真を撮っています。
私も、周りを確かめ、他のランナーの邪魔にならないようにパシャリ。


 
その後、図書館の前を通り、三福寺町を抜け、漆垣内町の農道を走ります。
何度か試走した道です。
やはり試走をしていると距離感が分かり、気持ち的に楽ですね。

最初のエイド、高信前はスルーしました。2つ目のエイド、塩屋公民館(10.5km)で、トイレに駆け込みました。やはり少し寒かったせいでしょう。他にも何人も居ました。そのタイムロスが2分ほど。


 
イーブンペースって難しい。
自分ではイーブンのつもりだったのですが・・・・
 
 
公民館を越え、なかさん一家の手厚い応援を受け、いよいよ美女峠に入りました。
 
ここまでふくらはぎの痛みが全く出ませんでした。美女峠の登り坂に不安を感じていました。
 
 
 
 
 
峠道の登りはムリはしませんでした。
キツ目の登りは歩く、と決めていました。
ただ、故障したときの練習時に歩いたスピード、10分/kmを維持しようと早歩きは心がけました。(この後ずっと)
 
上記参照 1番キツかった16km付近の登り坂は、10分30秒/kmです。
 
この登りでかなり汗をかき始め、これ以降のエイドは全て止まって補給しました。携行したボトルにも水を入れてもらいました。
 
美女高原から朝日村に下る頃、日差しが強くなってきました。
 
どうやら暑い日になりそうです。
 
 
第一関門 道の駅朝日村 21.8kmに到着しました。
 
ここまでで約2時間半。AM7時半頃でした。
 
 
 

2017年6月15日木曜日

飛騨高山ウルトラマラソン スタート

レース前は緊張したりであまり寝れないこともあるのですが、今回はしっかり寝ることが出来ました。何人かのアドバイスを参考にして、少し早めの1時過ぎには起きました。夜中に起きるのは、名古屋仕入れで慣れているので有り難いです。

まずは、心配材料の左足ふくらはぎにテーピングを巻きます。
どうか痛みが出ませんように!!
祈る気持ちで巻き、赤木さんに教えてもらったゲイター(サポートタイツ)を上から履きました。

家族を起こさないようにのそのそと着替えを終えたら、昨晩の唐揚げと白飯にごま塩をかけてガッツリ食べました。パンも食べました。こまめに水分補給をしながら、いよいよ自宅をあとにしました。

外はAM3時過ぎ。もちろん真っ暗です。当初、妻にスタート地点のビッグアリーナまで送ってもらおうかと思っていましたが、よくよく調べたら高山駅からシャトルバスが出てるので駅まで歩くことにしました。国分寺通りは、何人ものランナーが駅に向かって歩いていました。ふくらはぎの状態を確認するように歩きました。

すると、横を通る車から手を振る人が。
「原さん!! 乗って乗って」
ナッシーでした(笑)
奥さんが会場まで送ってくれるらしく、めちゃくちゃ助かりました!!
ナッシーは71kmにエントリーしています。お互い、昨年は怪我で欠場しました(苦笑)

お蔭で会場には早く着きました。スタートまで1時間以上あります。アリーナの2階席でナッシーと話しながらスタートを待ちました。緊張と不安が高まってきます。

その後、ぐっさんにも偶然会え、ナッシーと別れて、1人スタート地点に向かいました。外は8度。寒さを感じるくらいです。やかんから暖かい飲み物が提供されていて、てっきり熱いお茶かと思って飲んだらスープ系でした(汗)全部飲めなかった、すみません。

AM4時45分。100kmの1部がスタートしました。白ゼッケンの、主に早いランナーです。
私は100km2部のAM5時スタート。黄色のゼッケンです。
(71kmはAM5時15分スタート。15分置きのウェーブスタートになっています)

 
 
高山市長の号砲でスタートしました。
さて、どうなることやら。
自信なんて全く無かったです。
ふくらはぎの痛みがいつ現れるのか、不安にビクビクしながらゆっくりと走り始めました。
 
 



2017年6月14日水曜日

飛騨高山ウルトラマラソン前日エントリー

2012年に始まった飛騨高山ウルトラも6回目を迎え、参加者は右肩上がりに増え続け、1回目は100km男子は600人ちょっとだったのが、今年は私も含め1,982人がエントリー。71kmも含めると3,000人を越えるランナーがエントリーしたそうです。

6月10日(土)、この日は空の色では結婚式の仕事が大変多く、さらにうち1件、私の担当するブライダルは1件で2.5件分くらいの大規模な内容で、この仕事もかなりのプレッシャーでした。5日(月)7日(水)と連続の名古屋仕入れでトラック満載の花を仕入れ、9日(金)の名古屋仕入れだけは何とか行かずに済ませようと計画しました。というのは、名古屋トンボ返りの往復運転だけでも相当に体力を消耗するからです。100kmに向けて、少しでも体力を温存したかった。

10日(土)AM たくさんのヘルプの方の助けもあり、(この場を借りてありがとう!!)全ての婚礼の納品が終わり、いよいよ私は前日エントリーと装備品の再チェックへと。

16時の説明会に向けて、自宅を出発しました。外は雨が降り始め、時折強く降りました。

ずっと見ていた天気予報は、しばらくは曇りのち雨だったので、雨でのレースをイメージしていました。けど、ギリギリで予報は変わり、結局は「晴天」に。


 
 
最高気温25度。最低気温8度。気温差激しいですね。朝は寒いくらいでしょう。昼はどうなってしまうのか。
 
 欠場した昨年は、エントリー会場のビッグアリーナへは自転車で行きましたが、今年は車で。少しでもムダな体力は使いたくないのと、雨も降ってきたので。
 
16時のコース説明会も参加してきました。ユーモアあふれた内容で、とても参考になりました。その後、少し早めに切り上げ、補給食を買い、装備を整えました。
 
 
私の今回用意した装備がこれ。
 
 
 
左から adidas 機能性Tシャツ(◎)
NIKE 機能性アンダーウェア(◎)
coolbit 日よけ付きキャップ冷却機能付き(◎)
FlipBelt(フリップベルト) スポーツウエストポーチ(〇)
タオルターバン(〇)×2
アームカバー(◎)
ショートパンツ(〇)
CW-Xふくらはぎ用サポーター(◎)
Tabio 5本指ソックス(〇)

写真に写っていないもの
FlipBelt(フリップベルト)携帯ボトル(310ml)(◎)
サングラス(◎)
 
 

補給食系は以下

アミノバイタル4本(〇)

shotz 系 4本(△)
メダリスト 5本(〇)
絆創膏(△)
痛み止めと胃薬(△)
塩タブレット(◎)
食塩錠(◎)

丹生川支所へのドロップバッグに入れたもの
着替えと替えの靴下(△)
サングラス(◎)
補給食の半分(〇)
イヤホン(△)
エアサロンパス(〇)
タオルターバン2枚目(〇)


何しろ初めての参加なので勝手が分からないです。
あれこれイメージしながら準備していきました。

前日夕飯は妻が唐揚げをたくさん作ってくれました。普段はあまり食べない白飯もしっかり食べ、ビールも飲み、21時前には寝ました。