2017年4月24日月曜日

プレミアムセット完売!!



当初からこれは絶対に売れる!!と思っていたプレミアムセットが、追加受注も含め、予想通り全て完売いたしました。

何と言っても、トランブルーさんの焼き立てパン、それも当日の朝焼いてもらったパンがその日の午後に空の色で受け取れる。(並ばなくていい)

しかも、空の色の新鮮でボリュームのあるアレンジが花を添える。

・・・・・けっこう自画自賛ですが(苦笑)

喜ばれること間違いないです!!

あえて言うなら、パンのボリュームが多いので、もらう方が例えばおばあちゃん1人とかだと、ちょっと食べきれないかもしれないですね。

その場合は

Aセットはどうでしょうか。



 


焼き立てパンではないですが、パンドーロ、これも実際に食べましたが、バニラの香りとバターの味わいが口いっぱいに広がります。本当に美味しいですよ。日持ちも約10日と、長めなので安心です。紅茶とも合いそうです。

この発酵菓子に、空の色の手作りプリザーブドアレンジがセットになっています。生花そっくりで、枯れることのないお花です。地方発送も可能なので、実家のお母さんにぜひ送りませんか。きっと喜ばれると思います。


限定数、まだ余裕はありますが、どうかお早目のご予約、お待ちしております。



2017年4月20日木曜日

2017 MOTHER’S DAY

2017.5.14 mother's day!!
TRAINBLEU×flower空の色 コラボ企画

本日、4月20日(木)より
受付開始です!!

Aセット 
限定 50セット
トランブルーさんのパンドーロとBoxアレンジ(プリザーブド)のセットです。
4,000円(税込)
地方発送可(別途送料)



パンドーロとは
口いっぱいに広がるバニラの香り、バターと卵黄の贅沢な味わい、ふわふわでとろけるような食感。 イタリアの輝く太陽を思わせる黄金色の、とっておきの発酵菓子です。

シェフが選り抜きの材料を惜しみなく使い、発酵、熟成を考え抜きました。 パネトーネとパンドーロの為だけの自家製自然種を使い、3日程かけて、じっくり作ります。 添付の粉糖を、茶こしを使って振りかけてお召し上がり下さい。 大きさは、直径・高さ共に12センチほど。(トランブルーHPより抜粋)




このパンドーロ、本当に美味しいです。お母さんに喜んで頂けること、間違いないと思います。地方発送可能なので、ご実家のお母さんに送ったらどうでしょう。

プリザーブドアレンジは、空の色がひとつずつ手作りで制作致します。枯れることのないプリザーブドフラワーはきっと喜んで頂けることと思います。


Bセット
限定 30セット
トランブルーさんのパンドーロ、パネトーネとBoxアレンジ(生花)のセットです。
5,500円(税込)
地方発送可(別途送料)



 

オシャレなBoxに生花をアレンジしました。さらに、パンドーロとパネトーネ、2種類の発酵菓子が付いています。ボリュームのあるセットです。


 
プレミアムセット
限定 10セットのみ
トランブルーさんの人気デニッシュ系やハード系パンの詰め合わせ10種と、ボリュームある生花アレンジのセット。
6,800円(税込)



 
ただし、この注文については、ご注文主様が飛騨地域在住の方に限ります。(地元高山の方限定です)

また、12日(金)のみ、空の色での店頭引き渡しのみとさせて頂きます。
(焼き立てパンの性質上、地方発送や配達は出来ません)

トランブルーさんの人気はハンパないです。売り切れ必至ですので、ご予約はとにかくお早めに!!
プレミアムセットは、まさに希少です。沢山は焼けないそうで、これがギリギリのセット数だそうです。並ばないと買えない焼き立てパンが、並ばずに空の色で買えるチャンス!お花もかなり豪華に作ります!そして、地元の方だけのチャンス!

ご注文、お問い合わせは下記まで
(トランブルーさんでは、受付しておりません。お気を付けください)

古都 飛騨高山の路地裏にある花屋
flower-空の色-
岐阜県高山市末広町56
-空の色-で検索


有難いことに、早めの完売が予想されます。どうかご予約はお早めに!!


お母さんに、「え?トランブルーのパンなの?ステキね」と、言わせましょう!!


 

2017年4月19日水曜日

明日、販売開始です!!

過去に、様々な素晴らしいお店とコラボさせて頂いた母の日商戦ですが

今年はまさかの「トランブルー」さんと、コラボさせて頂けることになりました!!(我ながらビックリしました)

本当に感謝です!!

トランブルーさんは、パンの国際大会で入賞され、NHKなど様々なメディアに取り上げられ、今や飛騨地域どころか日本を代表する人気のパン屋さんに。週末やゴールデンウィークは、わざわざ高山に買いにくる県外のお客様で長蛇の列が。(朝から入場整理券が配られるそうです)

そんな、高嶺の花のようなお店がうちなんかと組んで頂けるとは。しかも即答で。正直、スゴく嬉しかったです。「え?ほんとに良いんですか??」って感じでした^_^

というのは、知り合いの少ない私は何のコネクションもなく、ダメ元の完全に飛び込みの営業でして(苦笑)

対応して頂いた成瀬様の奥様は、物腰柔らかい方で、何よりとても謙虚な方。打ち合わせは緊張しましたが、とんとん拍子で話はまとまっていきました。

トランブルーさんのスタッフさんは皆、挨拶が素晴らしい!打ち合わせをしている最中に、通りがかっただけで事務所にいる我々に笑顔で元気に挨拶をされるんです。スタッフ教育がきちんとされているんだな、というのは、その後成瀬社長にお会い出来て実感しました。凄くスタッフさんを大事にされているんだな、という印象を受けました。(おそらく指導は厳しいのでしょうが)働いてみえるスタッフさん皆、県外などからパン屋の修行に来ている方ばかりで、卒業して他県でパン屋を開業された方もいるようです。

成瀬さんとは情報や写真のやり取りを何度も重ね、アイテムの詳細、限定数など、様々なことを決めさせて貰いました。

いよいよ明日、4月20日に発表致します!!

トランブルーさんのパンを、遠くに住むお母さんにプレゼント出来るチャンスです!空の色が、パンに花を添えます。プリザーブドフラワーもあります。送料もギリギリの価格に抑えました。(1,500円→1,000円箱代含む)

中でも、プレミアムセットのデニッシュ系は、焼き立てなので地方発送は無理ですし、トランブルーさんも焼ける量の限界があるそうです。今の所は10セットのみなんです。(追加受注もあるかも)

12日(金)空の色での引き渡し限定
しかも、地元の方限定
ですが、数量が限られているので、即完売ではないかと思います。(他県の方、すいません)

他のセットは、50セットと30セットと2種類準備いたしました。
 

是非、明日の告知を楽しみに、今しばらくお待ちください。




2017年4月14日金曜日

ウルトラ85km~100km仮想練習

4月6日の練習メニューは、LSD120分。
LSDとは、「ロング・スロー・ディスタンス」の略。
km6分くらいのゆっくりしたペースで長時間走る練習メニューです。有酸素運動能力を高めます。
 
グーグルマップで距離を調べ、ウルトラ後半の道を実際に走ることにしました。後半も後半、85km付近からゴールまでの道です。レース当日は、おそらく「地獄の3丁目」かと思われる箇所です。
 
 
 
午前5時半
下林の交差点。
実際のレースではここを右折し、新宮町へと抜けます。


 
朝日が綺麗です。
実際のレースでは、夕方頃でしょう。
私の目標としては、この付近を15時頃に走りたいです。


 
穏やかな農道を走ります。
 


 
新宮町からのアルプスの山並みと昇る朝日。
この付近は、景色が大変良いです。
当日は、それを楽しむ余裕はなかなか無いでしょうが。


 
八日町、新鮮野菜販売所(87.4km地点)
ここを右折します。
 
すると
 


 
まさかの登りが始まります。
最初はなだらかな登りも


 
段々と勾配が厳しくなります。
最後の最後に、ほんと、どMのレースですね。
90kmあたりのこの地点で脚を残せているのか、想像しただけでゾッとします。
 


 
 
道の半分までまさかの積雪が。
この付近で90kmの計測があるようです。
 


 
坂を下ると、道の駅「ななもり」に。
左手は、高山西IC。
 
この後、93.3kmの最後の関門、公文書館があります。
18時が関門です。


 
最後の直線です。
1日中走り続け、あとわずかで感動のゴール。
・・・が、当日本当に出来るのでしょうか???


 
ゴール。
ビッグアリーナ。
 
今回は約23kmのLSDでしたが、それでも90km付近のあの登り坂は結構キツかったです。当日、飛騨高山スキー場までとんでもない道を登らされ、その後延々とくだり、千光寺をまた登り、国府付近(走ったことない)を延々と走らされた80kmを超えた地点での自分がどのような状態になっているのか、想像すればするほど、とにかく練習あるのみと強く強くココロに誓うのでした。
 
 
 

2017年4月13日木曜日

愚直に

4月に入り、対ウルトラ100kmに向けた、激しい練習メニューが始まりました。

金先生

目標サブ3の練習メニューは、確かにキツイです(涙)



 
半月を待たずに、すでに走行距離が100kmを越えた。
時間が取れなくて、朝晩2回走ってメニューをこなした日も。
 
キツイ。
 
けど、楽しい。(今のところは)
 
 
走っているとき、良く考えます。
「練習ってまさに愚直だよな」って。
 
例えば仕事であるなら、要領良くこなすことで大幅に時間を短縮出来たり、短時間で成果を挙げることが出来ます。それはある意味、大事なことでもあります。
 
ところがランニングの練習においては、要領を追求して短時間で成果を挙げることは難しいです。そこはまさに「愚直」に頑張るしかないのかな、と。
 
いつもいつも「よし走るぞ!!」という高いモチベーションの時ばかりではありません。
 
「眠い、まだ寝ていたい」
「この仕事がまだあるのに走らないと」 (夜遅くなっても仕事はやります)
「雨だから行きたくない」
 
様々な葛藤がいつもあります。
メニューを決めたのも自分だし、さぼったって誰もとがめないし、諦めたってきっと誰も何にも言いません。誰からも期待されているわけではないのですから。
 
愚直に
 
愚直に
 
いつも自分に言い聞かせて頑張ります。
 
努力はきっとむくわれる
努力がむくわれないのは
努力がまだ足りないからなのです
 
 
次のメニューは、持久走20kmです。
苦しんで楽しんできます!!