2018年2月17日土曜日

感謝の金メダル

2018年2月
韓国のピョンチャンで開かれている冬期オリンピック

今日先ほど、フィギュアスケート男子の競技2日目が行われ、羽生結弦選手が見事金メダルに輝きました。

その瞬間をテレビで見ることが出来て
私はもう涙が止まりませんでした。

可愛らしい、若干23歳の、くまのプーさんが好きな男の子。

けど、その精神力の強さは、倍の年齢の私からしても尊敬に値します。

というのは、昨年11月に靭帯を損傷する大ケガをしたときのインタビューを、折しも私も自分のケガの治療に通っていた整形外科の待合室で見かけました。

羽生選手は
「こういったケガをすることで、健康で滑れることのありがたみが理解出来ました」とインタビューに答えていました。

この子(と言ってしまうと失礼ですが、親しみを込めて)は本当に強く、そして何より
「感謝が出来る子」だなと。この謙虚さと、感謝の気持ちと、そして強靭な精神力が、彼を金メダルへと導いたのだと実感しました。

ケガのせいで、約2か月間、リンクにすら上がれなかったとの話です。前回ソチで王者になっているのだから、世間の期待値もハンパなかったはずです。ピョンチャン入りしてからも、練習では4回転は飛んでなかったとの話です。ケガの苦しみは、私自身、今現在も痛みに苦しんでいるので良く分かります。(羽生選手と比べるのは余りにもおこがましいですが 苦笑)

私自身も、何度もケガに苦しみました。前々回、2年前のウルトラ100kmは左ひざのケガで出場出来ませんでした。前回のウルトラの前にも左ふくらはぎをケガしてしまい、それでも何とか100kmを完走でき、あの苦しみを克服できたことは、自分自身への大きな自信につながりました。

私がウルトラに挑戦しようが、ケガをしようが、マスコミどころか、知り合いだって心配してくれる訳でもなく、家族がようやく「出場して大丈夫?」と言ってくれました。ところが羽生選手は世界中から期待されるわけです。その重圧はいったいどれほどのものだったのか、想像を絶します。

その期待にこたえ、ショートプログラムとフリーの2日間であれだけの完成度を持ってくる精神力の強さ。金メダルが確定したときは、もうまるで自分のことのように涙が溢れてきました。

嬉しかったです。本当におめでとう。本当にお疲れ様でした。

羽生君は(親しみを込めて)滑り終えた後や、表彰される前に必ず
「ありがとうございます」とつぶやいているのがハッキリ見てとれます。
この彼の、あらゆる人への感謝の気持ちが、私の心を強く強く揺さぶってくるのです。
想像を絶する辛い経験をして、それを乗り越えた彼だからこそ、それをあの笑顔で言えるのです。
そんな彼だからこそ、多くのファンが世界中に存在するのでしょう。

余りの感動に、どこかでこの気持ちを表現したくなり、一気にこの記事を書きあげました。将来の自分が読み返しても何か得るものがあるかもしれませんので。

羽生結弦選手、本当におめでとう。
そして、最高の感動を見せてくれて本当にありがとう。





2018年2月7日水曜日

愛車

頑張って買ったペイローダーが好き過ぎて困る。


 
かっこイイ。
 
ぼろぼろの乗用車をベンツやレクサスに替えてもここまで感動しないのではないかと思える。(そもそもベンツ買えんけど)
 

 
導入にはずいぶんと迷ったけど。
 
今は大活躍
 
だけど・・・・
 
春から秋までは、邪魔な存在でしかないから(涙)何より保管に困る。
 

 
にもかかわらず、新車で買ってしまった。
 
けど、値落ちしないのも魅力。
大事に使えば、20年後でも高値で売れる、はず。
 
その頃、地球温暖化が進み、飛騨地域に雪が降らなくなったらどうしよう、とかしょうもないことも少しは考えたけど・・・・
 

 
ネットでステッカーを買って、自分で貼ってみた。
これがまた、めちゃくちゃかっこイイ。
KOMATSUのロゴにも合う色目。
 

 
男のロマンです。うちの女子スタッフに「かっこイイですね」と言われたことはまるで無い。
子ども(小学生低学年の男児くらいまで)には受けている。
車体の黄色がまたかっこイイ。

 
けどね、あいにく今年は例年ほどは降らないんだよね(汗)
 
福井や金沢は現在とんでもないことになってますが。
特に、福井は積雪が130㎝を越え、昭和56豪雪並みだとか。
なのに、豪雪地帯のはずの飛騨はせいぜい15㎝くらい。
 

 
コマツの方が
「買ったら降らないですよー」(笑)と冗談で言ってたが
当たってしまったか。
 

 
初めて乗ったときは、かなりヤバいと思いました。
こんなの運転できるか、と。
バケットの角度、難し過ぎる。
鋭角過ぎるとアスファルトにがががと当たってしまうし
逆に、角度が緩すぎると、後ろを振り返ると全然かけてない。
 

 
妻に盗撮された。
向かいの駐車場の方の除雪がめちゃくちゃ上手でガン見してる私。
まるで手足かのようにバケットが動く。
 
あの域に達するまでは、まだまだ時間がかかりそうです。
 
行けるものなら福井の方々を助けに行きたい。
けど、時速15km。
公道を走るのが何より大変なんです。
 
 
 
 
 

2018年1月14日日曜日

2018年のスタート!!


2018年が始まりました!!
どんな1年になるのでしょうか?わくわくしています。

さて、しばらくブログが途絶えていました。(大汗)

実は、こっちをやめていた間、インスタやFACEBOOKをやっていました!!

FACEBOOKはやっぱり良く分からないですが、インスタはすごく簡単に出来るので便利ですね。人気がある理由が少しだけ分かりました。

けど、どちらも続けることできるか、私はあんまり自信ないです(汗)



さて、空の色ではスタッフを募集しています。





「花屋」になるって、特に未経験の方には敷居が高い、あるいは未知過ぎて分からない、かもしれませんが「思ったより花屋の仕事って楽しい!!」そう思ってくれる方も少なくありません。
また、市場に行けば分かりますが、思ったより男性が多い職種でもあるのです。

男性女性問わず、もし興味のある方は、お気軽にお問い合わせください


古都飛騨高山の路地裏の花屋
フラワー空の色
 (㈱花の店岩田)
担当 原

TEL 0577-32-2422
MAIL info@sora-no-iro.net