2017年10月4日水曜日

連載 Vol.4 黒部五郎岳へ

 
小休止後に黒部五郎方面に向かいます。
20分後に分岐到着。明日は、この分岐を三俣山荘方面に向かいます。


 
山座同定をしてくれるアプリを使ってみた。
便利なアプリがあるものです。


 
双六岳方面。
笠ヶ岳が大変分かりやすい山容なので、基準にしやすいです。


 
広々としたところに出ました。
お花畑らしいです。時季は終わっていましたが。


 
一面のチングルマの綿毛。紅葉が綺麗でした。
後ろは笠ヶ岳。
 
 


 
ようやく黒部五郎小屋が見えてきました!!
後ろにそびえるのは黒部五郎岳。
何とか目標の時間に着けそう。
13時までに小屋に到着出来たら、黒部五郎だけをピストンする予定でした。


 
絵になりますね。
それにしても山小屋は、まさに砂漠のオアシスのようにホッとします。


 
12時50分到着。
ギリギリでした(汗)


 
小屋にチェックインしました。
今夜泊まる部屋。
今日、9月31日が小屋の最終営業日です。


 
他のお客さんはまだ誰も到着していない様子。
今日は15名ほどの宿泊客が居るそうです。
 


 
オニギリを食べ、小休止後。
トレラン用の軽いザックに水などを詰め替えて、黒部五郎だけに向けて出発です。
コースタイムで往復4時間20分です。
近そうに見えますが、なかなか遠いです。
 
 
 
午後の日差しが眩しいです。
いい天気で幸せ過ぎる。


 
黒部五郎カールは巨石がごろごろ転がっていることでも有名。

 
 
 
有名な雷岩です。
 

 
 
数mはある、迫力の巨岩です。後ろは鷲羽岳や水晶岳が広がる絶景。
 

 
まだまだ登りが続きます。
最後の登りはさすがにキツかった。
 

 
14時40分 黒部五郎岳登頂(標高2,840m)
 

 
黒部五郎カールです。
紅葉は終わってしまっていたようです。


 
それにしてもいい天気です。
午後のこの時間に雲が全く無いとは珍しい。
 

 
左から笠ヶ岳、乗鞍岳、御嶽山
 
さて、時間も時間なので早々に下山します。
破線ルートで書かれていた稜線に挑戦しようかと思ったのですが、ここは無難にピストンしましたが、稜線で小屋まで来た女性の登山客に聞いたら、何で破線ルートなのか分からないくらい気持ちの良い登山道だったそうです(涙)
 

 
16時、山小屋到着。4時間20分かかるところを2時間50分でピストンしてきました。復路は半分くらい走っちゃいました。
 
なぜなら・・・・・

 
最終日の今日、生ビールが半額だったからです!!
「生ビール。生ビール」頭の中で連呼しながら戻ってきました!!
 
山に乾杯!!
 
幸せ過ぎて申し訳ない(汗)
 

 
 
偶然持ってきたおつまみが上手い!!

16時をまわり、相当に冷え込んできました。
寒い!!

山小屋に入って残りのビールを飲みました。

まだまだ続く


 

0 件のコメント:

コメントを投稿